MENU

【ポイント2重取り】自動車税や固定資産税のお得な支払い方法

楽天銀行
  • URLをコピーしました!
Pocket

自動車税や固定資産税の支払いが毎年あり、自動車税支払いは5月1日~5月31日までです。お手元に届いている方も多いでしょう。
支払い方法も2023年から増えていき、電子マネーを使っての支払いや、クレジットカードやスマホ決済アプリを利用してどこでも納めることができます。この記事では、支払い方法の特徴を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。2023年の支払いは楽天ペイ(楽天Pay)での支払いがおすすめです。

目次

全国の大半の自治体で地方税(固定資産税・自動車税)の支払い方法が統一に

楽天ペイで税金や公共料金のお支払ができます

2023年4月より全国の大半の自治体で地方税(固定資産税・自動車税)の支払い方法が統一されました。

クレジットカード払いができる(ただし手数料が0.82%必要)
スマホのペイ払いができる(手数料も無料)

少し前までは自動車税の支払いは、現金や口座振替のみでしたが、最近では、クレカやスマホからでも支払いができるようになりました。現金や口座振替以外にも、窓口で電子マネーで支払うこともできますし、クレジットカードやスマホ決済アプリを利用して、自動車税を納めることが可能です。
そして、2023年4月17日より楽天ペイ請求書払いが始まりました。
楽天ペイ請求書払いを使うことで、電気やガスなどの公共料金や自動車税・住民税などの税金が楽天ポイント・楽天キャッシュで払えるようになりました。楽天経済圏でポイントを貯めている方には見逃せない楽天ペイ請求書払い。後ほど詳しく解説します。

自動車税について

自動車税種別割

自動車税とは、毎年4月1日時点の車の所有者が支払わなければいけない地方税のことです。車のローンを返済している場合は、使用者に納税の義務があります。自動車税という名称が一般的ではありますが、2019年から自動車税種別割に正式名称が変更されました。
封筒にも記載があります。

4月1日~翌年3月31日までの税金を、その年の5月31日までに原則として一括納付するように定められております。ただし、地域によっては納付期限が異なる場合もあるため注意が必要です。

自動車税額はエンジンの排気量に応じて決められており、排気量が0.5リットル増えるごとに上乗せされていきます。2019年10月からの消費税増税にともない、2019年10月1日以降に新車登録された車に限り、自動車税額が引き下げられました。
また、グリーン化特例により、電気自動車や燃料電池車などのエコカーを購入した場合は、新車登録からの1年間は、自動車税が軽減されます。令和4年度の軽減率は登録車(普通自動車)・軽自動車ともに75%で、新車購入をした次年度分の自動車税および軽自動車税のみ対象です。

さらに、地方自治体によっては、東京都の「ZEV導入促進税制」のように、さらに自動車税種別割を軽減する制度を実施しているところもありますので、さらに自動車税が優遇される場合もあります。
反対に、新車登録からある程度の年数が経過している車は、自動車税の負担が大きくなります。

新車登録から13年以上のガソリン車・LPG車:概ね15%重課
新車登録から11年以上のディーゼル車:概ね15%重課
新車登録から13年以上の軽自動車:概ね20%重課

私の車は平成3年式なので15%以上の重課となります。

自動車税の支払い方法について

自動車税の支払い方法について説明していきます。2023年3月時点で、自動車税を納付できる方法は以下の5つになります。

支払い方法支払える場所手数料の有無
現金コンビニ、金融機関の窓口等なし
電子マネーコンビニなし
口座振替口座より自動引き落としなし
クレジットカード専用サイトにて支払いあり
スマホ決済アプリ専用サイトにて支払いなし
自動車税支払い方法

このうち、クレジットカードとスマホ決済アプリであれば、わざわざ銀行やコンビニに行かなくても、スマホやパソコンがあればどこでも支払いが可能です。

現金支払い

現金支払いは、多くの人にもっともイメージがつきやすい方法なのではないでしょうか?納付書と現金を持参して所定の場所に行き、納付書を窓口で提出すれば支払いをすることができます。現金支払いができる場所は、以下のとおりです。

コンビニ
金融機関(銀行、信託銀行、信用金庫など)
郵便局
県税事務所(普通自動車の場合)
市税事務所(軽自動車の場合)

コンビニならば多くの場所にあるため、お買い物ついでに支払いを済ませることができます。また、機械が苦手という方でも問題なく支払いできる方法です。支払いを終えるともらえる領収書もしくは納税証明書は、車検を受ける際や車を売却する際に提出を求められます。捨てずに大切に保管しておきましょう。車検証と一緒にしておくとなくしませんよ。

電子マネーでの支払い

電子マネーに現金をチャージして支払うことはもちろん、クレジットカードを連携させて支払うことも可能です。
クレジットカードを連携させることでチャージの手間も省けますし、手元に現金がない場合でも納付することができます。ただし、地域によっては利用できない可能性があるため、各自治体のホームページなどで確認をしてから支払いに行くようにしましょう。

口座振替での支払い

最初に引き落とし口座を登録する必要はありますが、その後は余計な手間は一切かかりません。
また、期限までに納付し忘れてしまうこともないので安心です。

クレジットカードでの支払い

自動車税または軽自動車税は、クレジットカードで支払うことも可能です。パソコンやスマートフォンを使って支払うのですが、自治体によって取り扱いが多少異なります。
クレジットカードにて納付する場合は、決済手数料が発生してしまいます。
クレジットカードで支払いした場合は、納税証明書が発行されるまでに少し時間がかかってしまいます。納付後すぐに納税証明書が必要な場合は、コンビニや金融機関の窓口で支払うようにしましょう。

スマホ決済アプリでの支払い

自動車税や軽自動車税は、スマホ決済アプリからも支払うことが可能です。QRコードやバーコードを読み取るだけで、いつでもどこでも納付することができ、一番手軽に支払いができます。

楽天ペイ(楽天Pay)
PayPay
LINE Pay
PayB
Pay-easy
モバイルレジ

どの決済方法も支払い手数料はかかりません。スマートフォンさえあれば、ちょっとした隙間時間に支払いを済ませることができます。
また、クレジットカードと同じく、納税証明書の発行には時間がかかります。急ぎの場合はコンビニや金融機関の窓口にて納付するようにしましょう。

自治体によって支払方法や手数料が異なる

自治体によって手数料や支払方法が異なるので、詳しい内容については各自治体のウェブサイト等を確認しましょう。また、どの都道府県もPayPay(ペイペイ)での支払いには対応していますが、その他のLINE Payやau Payといったスマホ決済の対応の有無は異なります。

自動車税のお得なお支払方法

自動車税の支払いでQRコードを読み込む

今や自動車税の支払い方法は現金だけではなく、複数の方法から選択できるようになりましたが、支払い方法によっては自動車税の支払いでもポイントを貯めることができます。

楽天ペイ(楽天Pay)請求書払いでポイントの2重取り

楽天ペイメント株式会社は、楽天ペイにおいて、2023年4月17日(月)より、地方税の納付書に印字された地方税統一QRコード「eL-QR (エル キューアール) 」の利用を開始します。「eL-QR」により、固定資産税や自動車税などの1,700以上ある自治体の地方税を「楽天ペイ(請求書払い)」にて納付することが可能になります。

納付書のバーコード、またはeL-QRをアプリでスキャンするだけで、その場で支払いが完了できる手軽さと、クレジットカードのように支払いに手数料がかからないことが魅力です。

楽天ペイでの税金や公共料金の支払いに使う「請求書払い」の支払いでは、ポイントは付与されませんが、それ以上のメリットがあります。ここからは、楽天ペイでの自動車税支払いのおすすめポイントを紹介します。

  • ペイ払いは手数料0円(クレジットカード払いだと0.82%ほどの手数料加算あるので、ポイントをもらえるとしても損することあり)
  • 楽天カードから楽天ペイでのチャージ時に0.5%の楽天ポイント付与
  • 楽天ペイでの地方税支払い時には0.5%の楽天ポイント付与(期間限定キャンペーン)
  • 楽天ペイでの支払い時には期間限定ポイントの利用も可能

というような特色があり、非常に注目されています。手数料無料でポイント2重取りですね!!

他社のペイ払いだと、paypayでもau PAYでも地方税の請求書払いでの支払い時にはポイント加算なしなので、楽天ペイはキャンペーン期間のみですが0.5%のポイント加算があるのは非常にうれしいと思います。

楽天市場で2万円以上楽天カードを利用した月

楽天市場で2万円以上楽天カードを利用した月で、キャンペーンページからのエントリーも必要です。

楽天カードから楽天キャッシュをチャージするとポイント還元

支払いに使う楽天キャッシュを楽天カードからチャージ

自動車税の支払いではポイントは還元されませんが、支払いに使う楽天キャッシュを楽天カードからチャージすることで、0.5%のポイントが還元されます。
楽天カード以外からのチャージではポイント付与されませんのでご注意ください。

自動車税58,600円

私の自動車税の支払いは、58,600円なので、楽天カードからチャージすると293ポイントもらえることになります。

ちなみに楽天キャッシュは「毎月1日&11日はチャージの日」を実施しています。
1日&11日に「楽天ペイアプリ内からの楽天カードによるチャージ」や「ポイント払い 瞬間チャージ」などでチャージをすると、もれなく1ポイント+抽選で1%相当~最大全額ポイント還元のチャンスです!

抽選で最大全額還元キャンペーン開催中(5月末まで)

税金・公共料金のお支払いは楽天ペイで!抽選で全額還元、はずれても全員もれなく最大1%還元

さらに「税金・公共料金のお支払いは楽天ペイで!抽選で全額還元、はずれても全員もれなく最大1%還元」キャンペーンの開催をしています。
今年の自動車税を楽天ペイで支払うべき最大のおすすめポイントが、2023年4月17日から5月31日までの間に開催している楽天ポイント全額還元キャンペーン。
キャンペーンページからエントリーのうえ、楽天ペイアプリの請求書払いを利用すると、抽選で100名に楽天キャッシュでの支払額が全額還元されます。還元上限は50,000ポイントで、支払った自動車税分の楽天ポイントがまるまるもらえることも。
抽選にはずれても、全員もれなく楽天ポイントが0.5%還元されるので、前述の楽天カードからの楽天キャッシュチャージでの還元とあわせて、1%のポイントが還元される大変お得なキャンペーンです。

エントリー必須のキャンペーンなので、支払い前にキャンペーンページからのエントリーをお忘れなく。

期間限定ポイントが使える

楽天ポイントには「通常ポイント」と、有効期限を15日や月末までなど短く設定された「期間限定ポイント」の2つがあり、楽天ペイの請求書払いには通常ポイントと期間限定ポイントの両方が使えます。お買い物マラソンをはじめとしたポイントアップキャンペーンで大量に獲得した期間限定ポイントを、有効期限内に消化できずに失効してしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

まとまった金額を支払う自動車税の支払いは、有効期限間近の期間限定ポイントを使うチャンス。ただし、ポイントでの支払い分は、楽天ポイント全額還元キャンペーンの対象にはなりませんので、ご注意ください。

楽天ペイ(楽天Pay)で自動車税を支払う手順

  1. 楽天ペイアプリを最新にするまたはポイントサイト経由でダウンロード
  2. キャンペーンページからエントリーする(上記記載)
  3. 楽天ペイ(楽天Pay)アプリの請求書支払いからバーコードまたはeL-QRを読み込む
  4. ポイント利用の設定をして楽天キャッシュをチャージする
  5. 支払い完了

楽天ペイ(楽天Pay)アプリのダウンロードはポイントサイト経由がお得

楽天ペイダウンロードはモッピー

さて、まだ楽天ペイのアプリを持っていない方へ、お得なダウンロード方法の紹介です。今現在、モッピーからなら楽天ペイ(楽天Pay)アプリをダウンロードしポイントがもらえます。毎日数量限定なのでお早めに。インストール後一度だけコンビニでも良いので決済をするだけでポイント付与されます。

1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー

キャンペーンページからエントリーする

楽天ではキャンペーンが沢山開催されている為、見逃さないよう、エントリーを忘れずにしてください。上記にも記載があるエントリーは必ずです。

楽天ペイ(楽天Pay)アプリの請求書支払いからバーコードまたはeL-QRを読み込む

楽天ペイでQRコードまたはバーコードを読み込み

楽天ペイ(楽天Pay)アプリを開くと、右下側にQR読み取りがあるので、そちらをクリック。

楽天ポイント利用の設定をして楽天キャッシュをチャージする

楽天ペイで楽天キャッシュをチャージする

QR読み取りをすると、自動車税の支払い金額と同じ金額が表示されます。ポイントは今回利用しないのか、期間限定だけ利用するのか、チェックをいれてください。今回は楽天キャッシュが不足しているので、追加チャージします。

楽天キャッシュをチャージ

楽天ペイ(楽天Pay)の隣に楽天キャッシュがあるので、クリックをし、開くとチャージするボタンが真ん中あたりにあるので、チャージをクリック。

楽天キャッシュにチャージで金額を入力

楽天キャッシュにチャージする金額を入力し、チャージする。キャンペーンがあるので、できればその時にチャージする。

楽天キャッシュにチャージ

楽天キャッシュにチャージするため今回自動車税分の金額をチャージでチャージ後の残高も金額が表示されます。

楽天キャッシュから支払いし完了

足りなかった楽天キャッシュをチャージすると、そこから支払いが可能になるので、支払うだけで完了します。とても簡単です。楽天アフィリエイト等で稼いでる人は楽天キャッシュにチャージしなくても残高だけでいけますね。

自動車税支払いを楽天ペイで支払い
楽天ペイで自動車税の支払いが完了

楽天ペイでの自動車税の支払いが完了となります。

楽天キャッシュでの支払いのやり方②

実は他にも請求書払いの仕方があります。新たに今回増えた請求書払いの項目が追加されています。

楽天キャッシュ優先になっているか確認しましょう。今回はポイントを使わないを選択しています。

請求書払いはスクロールを下のほうにすると左から2番目にあります。

QRコードを読むため、請求書のコードを読み取るをクリックし、読み込んで支払いをします。どちらのやり方も基本的には同じですので、使いやすいほうでお支払いをしてください。

楽天ペイ(楽天Pay)で自動車税を支払う際の注意点

・二重払いに注意する
・納税証明書は発行されない

楽天ペイ(楽天Pay)も他のペイ払いでした場合、納税したかどうかの日付印もないため領収印のない納付書が手元に残ります。いつ支払いをしたかメモしておきましょう。
楽天ペイでの自動車税の支払いでは、楽天ペイアプリに利用履歴は残りますが、納税証明書は発行されません。
継続検査ではない場合や、車検までの日数が少ない場合などは納税証明書が必要となります。

PayPay(ペイペイ)で自動車税や固定資産税の支払いメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)で自動車税・軽自動車税を支払うメリットとデメリット、支払い手順などを解説します。

PayPay(ペイペイ)で支払うメリット

PayPay(ペイペイ)で自動車税を支払うメリットのひとつが、自宅に届いた納付書に記載のバーコードまたはeL-QR(地方税統一QRコード)をPayPayアプリでスキャンするだけという手軽さです。楽天と同じですね。

同じキャッシュレス決済であっても、インターネット手続きでクレジットカード払いの場合、システム利用料がかかりますが、PayPay(ペイペイ)での自動車税・軽自動車税の支払いは手数料が無料です。(当月に利用した金額を翌月にまとめて支払えるお支払い方法「PayPayあと払い」を利用して自動車税の支払いをする場合、支払回数により手数料がかかる場合があります。)

PayPay(ペイペイ)で支払うデメリット

支払いできる残高の種類に制限がある

PayPay(ペイペイ)の支払いで、自動車税など税金の支払いに使えるのはPayPay残高(PayPayマネーのみ対象)PayPayあと払いのみです。(「PayPayあと払い」でチャージされた残高は支払いには利用できません)
また、2023年4月1日以降、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でチャージした残高での税金の支払いができなくなりましたので、注意が必要です。

支払い限度額がある

PayPay(ペイペイ)での自動車税の支払いで使えるPayPay残高・PayPayあと払いには、それぞれ過去24時間で50万円、過去30日で200万円の上限額が設定されています。自動車税の目安は、普通車は3万円~10万円、軽自動車は1万円程度なので、自動車税の支払いだけで上限額に達することはありませんが、日頃からPayPay(ペイペイ)をメインの支払い方法にしている方は、支払期間中の上限額に注意が必要かもしれません。

ポイントが還元されない

店頭でのQRコード決済やオンラインショッピングの支払いでPayPay(ペイペイ)を利用すると、ポイントが還元されるのはご存じの方も多いでしょう。しかし、残念ながら2022年4月以降、自動車税をはじめとしたPayPay(ペイペイ)での税金の支払いでのポイント還元は廃止されています。

PayPay(ペイペイ)自動車税を支払う際の注意点

PayPay(ペイペイ)による納税は、残高の種類が「PayPayマネー」に限られます。PayPay(ペイペイ)では還元率を底上げするお得ワザとして「ソフトバンクまとめて支払いで間接的にクレジットカード還元を得る方法」がありますが、この方法でチャージした残高は「PayPayマネーライト」になるため納税に利用できません。また、普段のPayPay(ペイペイ)利用による還元で得た残高も「PayPayポイント」なので、納税は不可となっています。銀行口座やセブン銀行ATMなどからチャージした残高からしか納税できない仕様のため、PayPayでお得に納税することは難しいでしょう。

自動車税を払いたくない人は3月までに売却

自動車税は、4月1日時点の所有者が納めるという決まりがあります。
次回の自動車税を支払いたくない人は、来年の3月までには売却を済ませておきましょう。
なお支払い済みの自動車税は、売却することで還付を受けることができます。

売却時に上乗せして買い取ってもらえる

車の売却が早ければ早いほど、戻ってくる自動車税も大きくなりますので、早めに愛車の査定相場を調べておきましょう。
車を査定依頼する際には、複数社に査定額を競わせることが大切です。
これによって、数十万円高く売却できる可能性が出ますので、その分を買い替える車の予算に充てることができます。

20年20万キロ以上のお車でも高価買取に自信あります!【ブーブーアドバイザー】

中古車・廃車・事故車の買取、高価買取に自信を持っています。対応エリアは順次拡大中。
独自の販売ルートや自社工場で修理など全てをまかなえる為、高価買取が実現します。
引取、レッカー、書類手続きなどお客様の費用負担は一切ありません。

一括査定はもう古い!より高く愛車を売却できるクルマ買取オークション【ユーカーパック】

一括査定はもう古い!面倒な相見積もりや、鳴り止まない営業電話も嫌!
最大5000社以上が参加する車買取オークション。
最大8000店が競って入札する仕組みになっており、売り手→販売店→買い手→販売店が直接ユーカーパックで出品中の車を落札できる為、中間マージンが少ない分高く車を売る事が可能!

固定資産税について

固定資産税は、不動産を所有する方に課税される税金で、毎年4月~6月ごろ、不動産の所在地を管轄している自治体から納付書が送られてきます。また、固定資産税は、1月1日時点の所有者に課せられる税金なので、1月2日以降に不動産を所有された場合には、その年の納付書が、新所有者の元に送られてくることはありません。このような場合、前所有者に課せられた固定資産税を、所有した期間で按分し、売買契約時などに清算する対応がとられます。

固定資産税の支払いは、年4回の分割方式が一般的で、期ごとに納期限が設けられています。東京23区の場合は各都税事務所、その他は、各市町村役場によって、納付期間と納期限がそれぞれ定められています。

分割ではなく、全期分を一括でまとめて支払うことも可能ですが、まとめたからといって、納税額が割り引かれるなどの有利な特典はありません。一括でまとめる場合、第1期の納期限に、1年分をまとめて支払うことになります。

東京都の場合納付期間納付期限
第1期2023年6月1日~2023年6月30日6月30日
第2期2023年9月1日~2023年10月2日10月2日
第3期2023年12月1日~2023年12月27日12月27日
第4期2024年2月1日~2024年2月29日2月29日
東京都固定資産税支払い期限2023年度

固定資産税支払い方法について

各自治体により違いますが、自動車税とほぼ同じ支払い方法です。そのため、現金で領収書が必要な方以外は、キャッシュレス決済がおすすめです。やり方は自動車税と同じになります。

まとめ

スマホ決済サービスが税金のポイント還元を廃止しているなか、今年の楽天ペイ(楽天Pay)はお得なキャンペーンのほか、楽天カードからの楽天キャッシュチャージでのポイント還元があります。

今年の自動車税や固定資産税の支払いは楽天ペイ(楽天Pay)を利用してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
楽天銀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次